チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作なら|Atama 制作について

チラシの 印刷 なら低価格で効果の高い広告 効果測定、デザイン・印刷サービスのAtama

おかげさまで累計印刷枚数 1億3529万枚お気軽にご相談ください!

HOME >> 制作について

制作について

データ入稿チェックポイント

B5・B4・B3判のサイズについて

用途が新聞折込用の場合、通常のB判サイズよりそれぞれ若干大きくなります。
※ 用紙寸法が、周囲に余白のない通常の規定サイズ
(B5・257mmX182mm/ B4・364mmX257mm/ B3・515mmX364mm)での印刷も可能です。
※ 当社担当までその旨お伝え下さい。

本ページ記載の(1)~(6)の事項は、
お預かりしたデータを忠実に印刷するために必ず必要な最低限の事項を記載しています。

再入稿等に伴う納期遅れや刷り直し等を防ぐためにも必ずご一読をお願い致します。
ご不明点等は「電話サポート」致しますので、遠慮なくお問い合わせ下さい。

(1) 対応OS・ソフト

印刷用データとして、当社が対応しているOS・ソフトは下記の通りです。

1.対応OS:
MacOS9・MacOSX・Windows*1
*1Windows版のIllustrator・Photoshopで作成されたデータについては、こちらで印刷が可能か検証させて頂いてからの印刷になりますので、事前にご相談ください。

2.対応ソフト:
Adobe Illustrator*2(5.5J・7.0J・8.0J・9.0J・10.0J・CS・CS2・CS3)
AdobePhotoshop(4.0J・5.0J・5.5J・6.0J・7.0J・CS・CS2・CS3)

*2Illustrator9.0J・10.0J・CSについては、「ドロップシャドウ」「透過」等の機能を使用すると、印刷結果に不具合を生じる場合がありますので、使用を控えて下さい。できれば、8.0J以前のバージョンをお勧めします。

*但し、2点に関してもバージョン落として出稿できます。

対応できないもの:AdobeInDesign

(2) 使用フォント

すべてのフォントはアウトライン処理をして下さい。
アウトライン処理をする際は、必ず【すべてのロックがはずれていること】を確認のうえ処理して下さい。
ロックがかかったまま処理すると、ロック部分がアウトライン化されず、文字バケしてしまいます。

(3) 制作サイズ

制作サイズ…原稿の作成にあたっては、下記のサイズにて制作をお願いします。

〈袋断裁〉
(輪転)
B4 絵柄サイズ 257×364
用紙サイズ 272×383

トンボは使用した全ての色の100%で指定(例:4色の場合C100%・M100%・Y100%・K100%)
輪転・正寸いずれのサイズの場合でも「必ず用紙サイズでトンボ」を作成して下さい。

トンボの作成方法
トンボは、「オブジェクトメニュー」のトンボ「作成」ではなく、「フィルタメニュー」のクリエイト「トリムマーク」で作成して下さい。作成されたトンボに「塗りではなく線に、原稿内で使用した全ての色の100%」で指定して下さい。

(4) データ制作時の色指定について

必ず、印刷予定色の範囲内で色指定を行って下さい。

例)
● 4色(カラー)印刷の場合
原稿面 …CMYKの掛け合わせで作成
画 像 …CMYKモードで作成

● 2色又は1色印刷の場合
原稿面・画像共、
印刷予定色のみで作成

印刷予定色以外での色指定は、絶対にしないで下さい。
印刷時に他色で指定した部分が抜け落ちてしまいます。

罫線への色指定について
罫線への色指定は、必ず「線」で設定。
「塗り」で設定していると、プリンター出力では認識されますが、印刷時には抜け落ちてしまいます。

※カラーモードをCMYKにしてください。

(5) 画像について

● 画像データは、埋め込み・ラスタライズではなく、必ずリンクで配置して下さい。

[配置方法]・・・ 画像データをEPS保存し、Illustratorのファイルメニューから「配置」を指定する。

● 画像解像度は、使用サイズで300~350dpiを推奨致します。

解像度が足りない場合は、画像部分の印刷結果の劣化を招きます。逆に、不必要に重いデータは作業性が落ちます。
また、使用していない画像データは添付しないで下さい。

● 画像データは、形式を「Photoshop EPS」で保存して下さい。

その際、作業効率を上げる為、なるべく「最高画質」または「高画質」で圧縮して下さい。
画像を「Photoshop EPS」で保存し、Illustrator上に配置した際に、画像が荒れて見える場合がありますが、印刷結果には全く影響ありません。

(6) カラーカンプ
メディアでの入稿の場合は必ず、最終データ(最終保存時)のpdfやjpgなどの画像データを添付して下さい。
当社にてデータチェックを行う際に必要となります。

原稿作成方法がわからない、という場合には当社デザイナーによるデザイン制作も可能です。
お電話にて気軽にお問い合わせ下さい。